コスプレ緊縛の同人サークル C’s〜シーズ〜   C’sについて
C's 〜シーズ〜


当サイトへのご訪問、誠にありがとうございます! 

m(__)m


数あるwebサイトの中から、

【C’s〜シーズ〜】のホームページを見つけていただき、

とても嬉しく思います。


同人サークル【C’s〜シーズ〜】代表のDAIzen(ダイゼン)です。

代表と言っても、私が一人で運営している個人サークルです。


同人サークルとは? → 同人サークル - Wikipedia





■コスプレについて

(Costume play → Cosplay → コスプレ)

多くは語りません、大好きです。

十数年前の事になりますが1人のコスプレイヤーとして、

衣装を自作してイベントなどに参加をして楽しんでいました。





■緊縛について

私としては、

自由を奪う最低限の縄がかかっていればいいと思っています。

「緊縛美」や「縄化粧」といった言葉がありますが、

当サークルの作品は程遠いものです。


緊縛術を芸術(art)の領域まで引き上げる方々も居ますが、

私の縛りは初歩的な緊縛モドキのものが多いです。

コスプレは”ごっこ遊び”が源流です。

私の作品も”緊縛ごっこ遊び”程度のものです。


縛りと撮影を一人でやっているため、

撮影時にあまり時間が無いという理由もありますが、

縄でガチガチに縛られているよりも、

「縄の本数は少いが自由には動けない」程度

の方が私は好みです。


また、撮影時の縛りと、

プライベートでプレイをする時の縛りでは、やはり違ってきます。





■エロについて

着衣緊縛を扱うサイトが増えてきましたが、

その中でも当サイトは陵辱色が強く、

コスプレ+緊縛+エロを楽しんでいただく作風となっています。





以下は雑記になります。


2002年よりサークル活動を行ってきましたが、

2004年〜2009年の間に難病や重病を患い、

1年以上寝たきりの状態が続き、

約4年間はサークル活動を休止していました。

リハビリを終え2009年春に、

撮影などに耐えられる程度に体調が回復し、

ようやく新作を製作できるようになりました。





私が寝ている間に世の中は様々に変化していました。


コスプレ関連では、

完成度の高い衣装を製作して、

ウィッグを着ける方がとても増えていました。

2008年の冬コミや2009年春に遊びに行ったコスプレイベントで、

コスプレイヤーの方々を拝見していて、とても驚きました。


撮影関連では、

撮影機材の高画質化と低価格化が進み、

写真・ビデオ共に高画質撮影できるものが、

ホームユースとして普及していて驚きました。


写真・ビデオの編集関連では、

パソコンの高速化と低価格化が進み、

大変ありがたいと思いました。





軽い浦島太郎状態だったわけですが(苦笑い)、

活動再開にあたり撮影機材を一新し、

編集用パソコンは壊れてしまっていたため新調し、

新たな環境で作品製作を行っています。


新企画も思案中です。

お楽しみいただければ嬉しく思います。





2014年春 〜 2015年春頃に、

また入院療養が必要になり、

約2年間サークル活動をお休みしていました。

2016年春頃から、

過去に撮影をした作品のリマスター作業を行いつつ、

リハビリ生活を送っています。


2016年秋に1年半振りになる撮影を行ってみましたが、

まだまだ体力面では復帰できておらず、

また、久しぶりの撮影だったため、

撮影に関する勘所を失っていて、

参加していただいたモデルさんには迷惑を掛けてしまいました。


軽い撮影を行いつつ、

リマスター版や新刊の制作などを

行いつつサークル活動の再開へ向けて、

動いてみようと考えています。


2017年からは、イベント参加もしたいなと思っています。





同人サークル C’s〜シーズ〜
サークル代表:DAIzen(ダイゼン)





このウィンドウを閉じる